イベントと災難

年に一回の大きなイベントがあって、それに行きたくて毎年楽しみにしています。
去年はいけなかったので今年こそ、って思っていたのに、
なんとちょっと家で災難があって怪しくなってしまった。
悲しー。

なんとかして行こうと計画していますが、気持ちがついていかないのです。
あわただしいし、行っていいのかどうか。
いやでも行きたいのだ。なんとかしよう。

イベントに行くと心の底から楽しめるし、行ってよかったと思うし、また来年も来るぞ、って思うのに、
祖に時期になるとなにかあって行けない年もあり、、、。
どうしてか、考えたけど、

それは「行かなくてもいいのだ」という暗示なのだな、、

って、おもうことにしています。
またそうしないと悲しすぎて辛いから。

行ってきたひとたちの話を聞くのも楽しいんだけど、出来ればその楽しさを共有したい。
でもそう思ってはいけないのかも。
人の話を聞きなさいってことなのかも。です。

悲しいけど、運命に流されてます。

でも、今は行くつもりでいるけどね!

このブログ記事について

このページは、なおこが2019年1月 1日 15:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「更年期障害」です。

次のブログ記事は「フォークダンス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。